×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャロウェイ ビッグバーサ

アメリカ最大のゴルフメーカーでゴルファーに人気の高い「キャロウェイゴルフ」は、ジョージア州の実業家イリー・リーブス・キャロウェイが1982年にカリフォルニア州パームスプリングスのゴルフクラブメーカーを買収から始まりです。
1988年には斬新なアイアンセット「短くて、まっすぐに、貫通したホーゼル」と言う意味の「S2H2」を発売。
1991年には第一次世界大戦の時にドイツ軍が開発した高性能のキャノン砲から名づけた、大型のメタルウッド「ビックバーサ」を発売し、「より遠くへ、正確に打つことができる」と言うことで、1992年のシーズン終了時にはプロの使用率No1となります。
キャロウェイゴルフの「ビックバーサ ヘブンウッド」はシャフトのラインナップとバリエーションが豊富なところが人気の秘密で、ユーティリティ市場での売り上げがトップクラスで、ビギナーゴルファーからトッププロまで幅広く支持されています。
アイアンとフェアウェイウッドの良い所を合わせ持ったウッドがキャロウェイゴルフの「ビックバーサ ヘブンウッド」なのです。

キャロウェイFT−5

キャロウェイゴルフのドライバー「FT−5」は、上田桃子プロやフィル・ミケルソンの活躍もあり、世界中のゴルファーやジャーナリストから注目を集めています。
直進性をより追及したキャロウェイゴルフの「FT−5」ドライバーはオーソドックスな形状のコンポジットドライバーです。
フュージョンテクノロジーの略であるFTは、最先端のテクノロジーである航空機やレーシングカーに使用されている軽量カーボン樹脂を使用しています。
最先端のテクノロジーを満載したドライバー「FT−5」は、ラージヘッドにもかかわらず、ドローやフェードといったプレーヤーの思い通りの弾道を、さほどスイングを変えることなく実現してくれるのです。
直進性を高めているキャロウェイゴルフの「FT−5」ドライバーを使用することで、ピンポイントで狭いフェアウェイでも攻めることが可能ですし、大きな慣性モーメントによりミスショットに対してもリカバリーができる優れもののようです。

キャロウェイX−20アイアン

キャロウェイゴルフの「X−20」アイアン、1994年に発売された「X−9」から7代目の「Xシリーズ」となります。
キャロウェイゴルフのアイテムは常に進化し続け、プロ、アマ問わず全てのゴルファーにゴルフの楽しさや、スキルアップを与え続けています。
キャロウェイゴルフの慣性モーメントと打ちやすさを追求して開発された「Xシリーズ」の「X−20」アイアンは、更にウエイト・ディストリビューションにこだわって開発されていますので、優れたコントロール性能により、曲がりの少ないショットができるようです。
一般のアマチュアゴルファーのテスト使用でも、「ナイスショットするスイートエリアが広く、ミスもしにくい。ボールが捕らえやすく高弾道で飛んで止まる」と高い評価を得ています。
キャロウェイ「X−20」アイアンは全世界で発売されますが、日本人ゴルファーのアイアンに求める要望に応えて、シャフトとグリップは日本専用の仕様にしています。

Copyright © 2008 キャロウェイ ゴルフ